ロートアイアン・メーカー 「よし与工房」 HOME > ロートアイアンのお話> ロートアイアンについて

ロートアイアンについて

ロートアイアンのこれから2014年04月11日

完全に同一の物が造れるということは工業製品における窮局の理想といえるでしょう。その製造する物の精度如何によって製品の機能が保証されるからです。しかしその一方では、人間が自然の生産の手法を用いて直接手で物を造るという、自然物と同様の意味の姿に価値を求める世界もあります。これが工芸の価値観というものです。工芸の分野に高度な工業技術を利用する手法は始まったばかりであり、まだまだ未知の領域が広がっています。工芸とハイテクは決して矛盾するものではなく、ただ工芸というものは工業と同様の技術評価では扱えないというだけです。
人間の手による全ての製作物は結果として、人間そのものを含めて、自然の中に存在することになります。ロートアイアンにおける、人間に優しい、自然に優しい金属の在り方、未来に通じる金属工芸はこれからも発展し続けていきます。

機械を使用した物と手造りの物との違い2014年04月07日

ロートアイアン等の金属工芸において、コンピューターを使用したレーザー・カットの機械を用いて切り出された意匠のパーツを構成することによって物を造るとイミテーションのような全く同じものが出来上がってしまいます。一方、手造りの造形物はどれだけ高精度で似通った部品を集めて構成したとしても、自然な雰囲気が損なわれず、安心して見られます。たとえば、一方で、可能な限り形やサイズのそろったリンゴを複数用意して等間隔に並べ、もう一方ではその中の一つから成形型によって造られた、とても高度なイミテーションのリンゴを同様に並べて対比するとしますと、その結果は、どれも正確に全く同じに造られていればいるほど、イミテーションのリンゴの方と自然のリンゴのグループとでは決定的な差異が感じられることでしょう。自然のリンゴの集合物は、どれだけ厳選して同様のものを集めたとしても、そこには微妙なバラツキがあります。
また興味深いことに、どちらも一個ずつ対比して観察した場合は、それぞれ個性ある一個の物として極めて自然に見えるということです。

工芸的製作方式としてのロートアイアン2014年04月02日

ロートアイアン製作のための基本的な道具立ては、熱した鉄を扱う火挾みとそれを叩くハンマー、さらに台として使用するアンビル、鉄を熱して軟化させるためのコークス勉、それに様々な目的のために使用する刃物と治具、などです。有史以来、このように道具を使用して直接手で鉄を加工する手法は、あまり変わっていないことでしょう。しかし道具とは、肉体から動力を得て直接人間が手を通して、作業を行うものといえますが、この道具をエンジンなどの機械的な動力によって補助させることは、ロートアイアンの製作をとても効率的にします。さらに、より高度な機械やハイテク技術の利用については、゛手仕事の意味″との関連で、金属工芸の分野における大命題です。一ついえることは、単純に機械化を排除して手仕事を保護するといった姿勢では産業としてなりたたないということです。

鉄と非鉄金属2014年03月19日

現在において、鉄はその優れた加工性と低価格性、特性の多様さ、剛性といった点から主要な金属とされています。現に鉄以外の金属はまとめて非鉄金属と呼ばれているほどです。

非鉄金属の中でも軽量であることが大きなメリットであるアルミニュウムは一般的に錆びにくいと考えれていますが、アルカリに弱いという特性があり、塩害など使用条件によっては簡単に白化腐蝕してしまいます。そして鉄のように熱間鍛造による加工には不適正といえるでしょう。

鉄とニッケルとクロームの合金であるステンレス・スチールは、錆びない鉄とされていますが、この不錆の性能については合金の配合によって差があります。ステンレス・スチールは鉄の特性を失った一方、硬さと銀色の光沢という特性を得ました。その特性を生かすために、多くの場合塗装を行うことなく表面をヘヤーライン加工や鏡面磨き、エッチング、サンドブラスト等によって加工します。建築工芸の分野におけるステンレス・スチールのデザインや加工技術は、未だ発展途上で、今のところ工業的な加工技術の応用にとどまっていますが、ロートアイアン等に用いるための加工や、表面をあえて酸化させた工芸的表現というような取組も進んでいます。
金属による建築工芸は新素材や技術の発達、さらに現代の急速な建築業界の変革と発展というような新しい環境において、ますます発展していくことでしょう。

鉄の欠点を克服する合金2014年03月12日

ロートアイアンなどを製作するための優れた金属素材である鉄には錆びやすいという欠点がありますが、それを克服するため、コールテン鋼(U.S.スチールの商標)が開発され、広く利用されるようになりました。コールテン鋼は表面層に錆が発生するものの、それが内部に進行する性質を改善したもので、ごくわずかな銅やその他の各種金属を鉄の中に不純物として合金化したものです。これを上手く利用することで、屋外においても鉄そのものの表情を生かしたロートアイアンなどの製品を造ることができるようになりました。また建築工芸の世界においても、とても魅力的な新種の素材といえるでしょう。

鉄の欠点2014年03月10日

鉄はロートアイアンなどを製作するための金属素材として優れた性質を有していますが、一方で重大な欠点もあります。それは錆び易いということです。この欠点を補うため昔から一般的に行われているのがメッキや塗装、といった処理です。このような処理についての技術的な進歩はめざましく、現在では亜鉛メッキを用いたり、サンドブラストによる塗装を行うことで下地処理をし、防錆の効果を生み出しています。そして、ロートアイアンなどの鉄製品の中でも屋内で使用するものについてはたいて防錆は不要で、鉄の表情をそのまま生かすことが可能です。

鉄の特性2014年03月01日

ロートアイアンに使用する鉄は1,000度から1,300度を少し越えたぐらいの比較的広い温度帯で溶けることなく軟化状態を保ちますが、鉄以外の金属では、この軟化状態を保てるのはごく狭い温度帯においてのみです。このような突出した特性を鉄だけ有しているのです。それゆえに、ロートアイアンの製作のように、人間が直接ハンマーなどの道具を用いて金属をフォーミングすることが可能な金属材料として、鉄は最適と言えるでしょう。このような鉄の特性は、電気抵抗熱やガスバーナーを利用した切断、溶接や、鉄の特性を熱処理によって変化させる「焼き入れ」のような加工が容易であるという点においても他の金属よりも優れているのです。

鉄と温度の関係2014年02月21日

金属素材として、ロートアイアン等の素材である鉄は手工芸的な局面において極めて優れた性質を持っています。鉄はその加工性、特に可塑性について、熱による影響を大いに受けます。鉄はバーナーやコークス炉などを用いることによって熱し続けていくと、色が黒からやがて赤色になり、更に熱し続けていくと白色になります。よく言われる「白熱」「赤熱」という単語は、鉄のこのような熱せられた状態を表現したものなのです。鉄は白熱化すると1,370度付近で突然溶解しますが、このメルト点は鉄の組成によって多少異なります。鉄をロートアイアンの技法を用いて自由にフォーミング可能なのは、およそ1,000度から1,300度を少し越えたぐらいであり、鉄はその比較的広い温度帯において、溶けずに軟化した状態にあります。

銅について2014年02月19日

ロートアイアン等の使用する鉄が使われていたよりも昔の時代から銅が利用されていたことはよく知られています。また、銅と亜鉛の合金である黄銅や、銅と錫の合金である青銅についても古くからある伝統的な金属素材です。黄銅は、錬金術の影響で金の代用品であった時代においては、高級な工芸品を造るための素材としてよく利用されていましたが、近代になり再びモダンな金属素材として使用されるようになりました。

ロートアイアン等に使用する金属素材とその加工技術2014年02月17日

ロートアイアン等の建築的な金属の装飾工芸は、元来鉄を素材として西欧で始まりましたが、近代になると今までにない新たな金属素材が開発され、今では工芸的な素材としてもアルミニュウム、ステンレス・スチール、コールテン鋼等の金属が積極的に使用されるようになりました。
これらの新しい金属素材の工芸的な表現の開発やその取り扱いが今後の問題であるといえるでしょう。それらの金属は、本来、軽量であることや、錆びにくいといった素材としての機械的、物理的性能を目的として開発され、発達してきたものなので、鉄の代替品として取り扱われてきた面があります。しかし、さらに工芸的、美術的により優れた新しい表現を引き出せる余地は金属そのものの特性ゆえにまだ存在するものと思われます。

1  2  3  4  5
webカタログ
トリプルフォーエイチFacebookロートアイアン出版物
  • お問合せ

ロートアイアン・メーカー「よし与工房」

【東京ショールーム】

  • 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
          東京デザインセンター2F
  • [TEL] 03-6277-4445
  • [FAX] 03-6277-4419
  • [e-mail]

【京都本社・工場】

  • 〒621-0027 京都府亀岡市曽我部町犬飼川北41 
  • [TEL] 0771-22-1305 
  • [FAX] 0771-25-7485 
  • [e-mail]

【大阪事務所】

  • 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-6-29
          第3ユヤマビル6F 
  • [TEL] 06-6459-9488 
  • [FAX] 06-6459-9466 
  • decorative-ironwork
  • ガゼボ
  • モニュメント