ロートアイアン・メーカー 「よし与工房」 HOME > ロートアイアン

ロートアイアン

ロートアイアンをご存知ですか?2013年06月04日

フランス ナンシーのバロックゲート ロートアイアン元々、鍛鉄、練鉄と訳されるロートアイアン(Wrought Iron)は西欧の文化として発展して来たものです。工業化が進んだ現在以前の時代においては、鉄製品の製造は手作業による鍛造によることが主流でした。 このような時代において、様々な鉄製品、たとえば武器や生活の道具をはじめ、建築の分野においても手工芸鍛造による装飾エレメントが発達していきました。

現在は鉄を加工するための技術はそのような時代から比べると格段に進化し、その大半が工業製品です。 しかし西欧で発展した鉄の装飾デザインの価値観は、その後も西欧文明の伝播と共に世界的に拡散し、現代においてもロートアイアン(Wrought Iron)として継承されています。 伝統的な西欧の手工芸鍛鉄によるデザインの表現です。

現代においてもその基本は手工芸です。もちろん工業技術の合理的な生産への活用は当然必要とされるのですが、デザインの表現と質的な価値を造り出すためには熟練した技術とロートアイアン(Wrought Iron)に対する本質的な理解がどうしても不可欠なのです。

18世紀 フランス王朝の会談 ロートアイアンロートアイアン(Wrought Iron)は単なる昔の方式の製作法の再現では断じてありません。人類の物造りの原点である手工芸鍛鉄は、中世に誕生し、近世、アールヌーボ、アールデコの時代を経て、さらに時代の価値観として生き続けています。

13世紀フランスのスタンプワーク ロートアイアン『Wrought Iron』と云う英語ですが、『Wrought』は『work』動詞の過去、過去完了の古い活用形です。
『Wrought』自体、加工した、鍛えた、細工したと云った意味があります。
『Wought Iron』 は人間が肉体の労働でもって鉄に働きかいろいろな形や品物を力強く造りだしていくイメージが感じられます。

ロートアイアンは原則的にオーダーメイドの世界です。

ロートアイアンは炉の中でソリッドの鉄材(板材、鉄の棒材等)を熱した上で軟化させ、その後様々な治具や工具を用いて成形していくものです。その点でロートアイアンは基本的に鍛冶屋が行う作業と類似しているといえますが、製作の目的となる物は建築と生活の装飾品がメインです。当然、ロートアイアンにおいても機能性は求めますが手仕事による表現と装飾性に特化していることから工芸であることが本質的です。
また、ロートアイアンは型に溶解した金属を流し込んで造形する製法である鋳造と類似していて紛らわしいとされることがありますが、それは元々ロートアイアンによって表現されたデザインをコピーしているためです。ロートアイアンは設計段階において自由に構造上の必然性やデザインの表現に適合した部材の質や強度を選択でき、この点で鋳造よりも造れるものの範囲と可能性は遙かに大きいと言えます。

ロートアイアンでも同一の物を量産することは可能ですが、単に量産するだけなら鋳造の方が効率的な場合もあることでしょう。オンリーワンの物、設置される施設のコンセプトにマッチする個性的なデザインを希望する場合は、ロートアイアンを選ぶべきでしょう。

ロートアイアンの注文は完成品を評価して購入するわけではなく、メーカーの設計やデザインの能力が大きく影響します。
先ずは設置する施設のコンセプトを的確にデザインする能力が必要です。そのためにはロートアイアンに関する専門的な能力はもちろんのこと、当社では長年の蒐集と研究によるロートアイアンのデザインライブラリーを駆使してデザインコンセプトの策定を行います。
ロートアイアンのデザインは画それ自体が立体物として構造化さなければならない点において二次元的なグラフィックとは異なっています。
この点が機能的な構造物と芸術としての絵の両者が備わったロートアイアンの特色といえるでしょう。ロートアイアンの設計とデザインの技術と本質は、どのようにして画と構造を一体のものとして成立させるかという点にあります。

ロートアイアンの更に詳しい内容については当社刊行『ロートアイアン読本』(¥1000)をご覧ください。

更新履歴

webカタログ
トリプルフォーエイチ
FacebookFacebookFacebook
ロートアイアン出版物
  • お問合せ

ロートアイアン・メーカー「よし与工房」

【東京ショールーム】

  • 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
          東京デザインセンター2F
  • [TEL] 03-6277-4445
  • [FAX] 03-6277-4419
  • [e-mail]

【京都本社・工場】

  • 〒621-0027 京都府亀岡市曽我部町犬飼川北41 
  • [TEL] 0771-22-1305 
  • [FAX] 0771-25-7485 
  • [e-mail]

【大阪事務所】

  • 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-6-29
          第3ユヤマビル6F 
  • [TEL] 06-6459-9488 
  • [FAX] 06-6459-9466 
  • decorative-ironwork
  • ガゼボ
  • モニュメント