ロートアイアン・メーカー 「よし与工房」 HOME > ロートアイアンのお話 > 鍛造について > 鍛造とは

鍛造について│ロートアイアンのお話

鍛造とは2021年07月25日

装飾が施されたフェンスや門扉、小物などのロートアイアンは元々は手作業で、金属加工の塑性加工法の一種である鍛造によって製作されていました。
鍛造とはハンマー等を用いて金属を叩いて圧力を加えることによって、金属の内部にある隙間を無くし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高め、さらに目的とする形状に成形するというものです。鍛造は昔から銃の銃身や刃物などを製造するための技法として利用されてきました。

鍛造には、成形を結晶温度以下の常温で行い、出来上がった製品の寸法精度が優れている冷間鍛造と、鋳造の改善工法であり、半凝固状態で加圧する溶湯鍛造、再結晶温度以上の高温に加熱して素材の変形抵抗を減少させ成形する熱間鍛造があります。

鍛造を行う際には、スプリングハンマーやエアハンマー、トランスファープレス、液圧プレス、機械プレスなどの機具が用いられます。

webカタログ
トリプルフォーエイチ
FacebookFacebookFacebook
ロートアイアン出版物
  • お問合せ

ロートアイアン・メーカー「よし与工房」

【東京ショールーム】

  • 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
          東京デザインセンター2F
  • [TEL] 03-6277-4445
  • [FAX] 03-6277-4419
  • [e-mail]

【京都本社・工場】

  • 〒621-0027 京都府亀岡市曽我部町犬飼川北41 
  • [TEL] 0771-22-1305 
  • [FAX] 0771-25-7485 
  • [e-mail]

【大阪事務所】

  • 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-6-29
          第3ユヤマビル6F 
  • [TEL] 06-6459-9488 
  • [FAX] 06-6459-9466 
  • decorative-ironwork
  • ガゼボ
  • モニュメント