ロートアイアン・メーカー 「よし与工房」 HOME > ロートアイアンのお話 > 金属加工用語 > 難削材料

金属加工用語│ロートアイアンのお話

難削材料2014年07月28日

難削材料とは、硬くて削りにくく、加工するのが困難な材料あるいは素材のことをいいます。難削材料には引火、発火しやすかったり、切削加工する際の削られやすさである被削性が不明であったり、その材料あるいは素材の材質それ自体が削りにくかったりといった特性があります。

難削材料はこのような特性があるため、大きな切削抵抗、切りくずの処理性が良くない、工具の寿命が短くすぐ壊れてしまう、加工が不安定であるため自動加工に不向きであるというようなトラブルが発生してしまいます。

ロートアイアンのことならよし与工房にお任せください。

webカタログ
トリプルフォーエイチFacebookロートアイアン出版物
  • お問合せ

ロートアイアン・メーカー「よし与工房」

【東京ショールーム】

  • 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
          東京デザインセンター2F
  • [TEL] 03-6277-4445
  • [FAX] 03-6277-4419
  • [e-mail]

【京都本社・工場】

  • 〒621-0027 京都府亀岡市曽我部町犬飼川北41 
  • [TEL] 0771-22-1305 
  • [FAX] 0771-25-7485 
  • [e-mail]
  • decorative-ironwork
  • ガゼボ
  • モニュメント