ロートアイアン・メーカー 「よし与工房」 HOME > ロートアイアンのお話 > 金属加工用語 > ラップ加工

金属加工用語│ロートアイアンのお話

ラップ加工2014年07月17日

ラップ加工とは研磨方法の一種で、加工の対象物をラップ盤という平面の台上に設置し、加工対象物の研磨面とラップ盤との間に、ラップ剤を砥粒として挿入し、上部から加工対象物対して加圧しつつスライディングさせて行うもののことをいいます。

ラップ加工は研削や切削などを施した素材の加工面を研磨するので、素材の寿命を長くする効果があり、また溶着を防止することも可能です。そのためラップ加工は、パンチやゲージ、摺動部などのような製品の製作によく用いられています。


ロートアイアンのことならよし与工房にお任せください。

webカタログ
トリプルフォーエイチFacebookロートアイアン出版物
  • お問合せ

ロートアイアン・メーカー「よし与工房」

【東京ショールーム】

  • 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19
          東京デザインセンター2F
  • [TEL] 03-6277-4445
  • [FAX] 03-6277-4419
  • [e-mail]

【京都本社・工場】

  • 〒621-0027 京都府亀岡市曽我部町犬飼川北41 
  • [TEL] 0771-22-1305 
  • [FAX] 0771-25-7485 
  • [e-mail]

【大阪事務所】

  • 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-6-29
          第3ユヤマビル6F 
  • [TEL] 06-6459-9488 
  • [FAX] 06-6459-9466 
  • decorative-ironwork
  • ガゼボ
  • モニュメント